猫とワタシ

Haruhi's Secret Diary

BL作家遠野春日のときどき日記

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するCD茅島氏下巻、もうすぐ発売

日常

5/30に茅島氏のCD下巻がリリースされます。
すでに私の手元にはサンプルが届いております。
今回もまた大変素敵な音声ドラマに仕上げていただき、本当にありがたいです。
上巻同様下巻もジャケットのイラストは日高ショーコ先生による描き下ろしです。
下巻にはそれだけではなく、別パターン(構図違い)のラフ画も掲載してもらっております。実際には使われることのなかったイラスト案のラフ、貴重な一枚だと思います。

ブックレットのコメントにも書きましたが、二日あった収録日のうち私は一日は所用で立ち会えませんでした。ぶっちゃけ、別作品の原稿執筆が終わらなくて行くに行けなかったのですが。
そしたら、ブース内で声優様方の前に立ってご挨拶したとき、演出/プロデュースのA氏に、「僕は昔から先生をよぉく知ってるんだけど、先生は本当に現場好きな方なんです。その先生が前回来られなかったということは、本当に切羽詰まってたんだなと」(大意)とか言われてしまい。な、なんでわかるの、現場好きだって、と大変動揺してしまいました。
……好きですけど。はい。
生のお芝居を拝見するのが大好きなんです。だから、舞台鑑賞、やめられません。芝居は生が一番だなと、観るたびに思います。コンサートもバレエもフィギュアスケートも。
CDドラマ収録に関して言えば、効果音もBGMも何もない、セリフの掛け合いが目の前のブースの中で繰り広げられるだけなのですが、これがまた素晴らしいのです。もう何年も前に初めて収録現場にお邪魔して以来、病みつきです。
実はA氏はその最初の一枚のときからご縁のある方で、私の収録現場好きはA氏のおかげでもあるのです。

また一つ、貴重な現場体験をさせていただけて、本当に嬉しかったです。
制作に携わってくださいました関係各位にあらためまして厚くお礼申し上げます。
リリースされました暁には、リスナーの皆様にもお楽しみいただければ幸いです。
発売日以降あらためましてWORKブログのほうでもCMさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

この記事のみを表示する特別番外編小冊子最終ご報告

日常

5/7に当方より一斉に発送しました情熱シリーズ特別番外編、一通返却されてきた分につきましても先方と連絡がつき、本日受け取りのご連絡をいただきました。
他に未達のご連絡もいただいておりませんので、無事皆様のお手元に届いたのだと安心しております。
感想のメールやtweetも大変たくさんいただきました。
本当にありがとうございます。すべて嬉しく拝読いたしました。

早くも私はもう一冊この話のその後を書きたくてたまらなくなっております。
今度はもう少し遥さんを喘がせてみたい(*^_^*)

またこうした機会がありましたら、今回同様、希望者の方に事前予約をお願いした上で部数を決定し、通販限定で発行したいと思います。
興味をお持ちの皆様は、ちょっとだけ心にお留めおきいただければ幸いです。

この記事のみを表示する音楽祭とSCC

日常

今年のGW後半はとっても充実していました。

5月3日は初参加のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2014で一日クラッシックに浸りました。
ちょうど10回記念だったそうで。
私が聴いたのは、
 ※ヴィヴァルディ 「四季」
 ※モーツァルト クラリネット協奏曲イ長調
   同     フルートとハープのための協奏曲ハ長調
 ※びわ湖ホール声楽アンサンブルによるブラームス「ジプシーの歌」ほか
 ※フォーレ レクイエム
 ※ラフマニノフ ヴォカリーズ
   同     ピアノ協奏曲第2番ハ短調
 ※チャイコフスキー イタリア奇想曲
   同       ヴァイオリン協奏曲ニ長調
というプログラムでした。
いずれも聴けば「ああ」とわかるようなメジャーな曲ばかり。
フォーレからは某先生方に合流し、チャイコフスキーまでずっとご一緒させていただきました。
お陰様でまったくのぼっちにならず、いろいろとお話もさせていただけて、愉しかったです。
それとは別に、ヴィヴァルディを聴いた後ぶらぶら歩いていると偶然にも目の前に某先生がいらして、声をおかけしたら、めちゃくちゃびっくりされてました。私も驚きました~。まさかこんな人の多いところで知り合いにばったりと会おうとは。
来年も行けたらまた行きたいなぁと思った「熱狂の日」音楽祭でした。

そして、5月4日は久しぶりのSCCイベント。
マンガFCジャンルでサークル参加してきました。
こちらも大変盛況で、お買い物をたくさんすることができ、充実していました。
お買い物をがんばりすぎたあまり、自分のスペースにはあまりいなくて、多方面にご迷惑をおかけしました……。すみません。
会いたかった方にもお目にかかることができ、スケブも描いていただき、薄っぺらいうちの折りとじ本もそれなりの数出て、嬉しいことや愉しいことがたくさんありました。
最後の最後にサプライズもあって、なんと、某先生が撤収寸前に拙スペースにお越しくださいまして、「きゃーっ♡」って変な声出るほど光栄でした。
あと一分、いえ、30秒違っていたら、私は宅配受付に荷物を持っていった後で、この時ほど己のモタモタぶりに感謝したことはありません。
わざわざ東館からお越しくださいまして、本当にありがとうございました。
マンガFCで参加したイベントにもかかわらず、私ごときに差し入れをくださいました方々にも、厚くお礼申し上げます。
オリジナルの同人誌もお買い上げくださいましてありがとうございました。
イベントの後はいったんうちに帰り、イベント仕様の戦闘服+メガネから、レストランでの食事に耐えられる程度の服+コンタクトレンズに装いを改め、麻布十番へ繰り出しました。
そこでいただいた鮎のナントカ(サクサクの衣をつけて調理したもの)がめちゃくちゃ美味しくて。
もう一度食べたい、とこの二、三日ずっと唾を湧かせておりまする。

この記事のみを表示する発送処理完了

日常

通販限定で受付しました情熱シリーズ特別番外編、本日夕方、全員の方の発送準備が調いましたので、ヤマトさんに一括して引き取りに来ていただきました。
本日はトラックが既に出た後でしたので、発送自体は明日の取り扱いになるとのことです。
今週末あたりから届き始めると思いますので、お申し込みされた方はどうぞよろしくお願いいたします。
一週間経っても届かない場合は(5/14以降)メールにてお問い合わせください。
kayashima*t-haruhi.com(*は@にしてください)

今回はたくさんのお申込、本当にありがとうございました。
少しでもお楽しみいただけますと幸いです。
よかったら感想等お聞かせくださいませ(*^_^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。