猫とワタシ

Haruhi's Secret Diary

BL作家遠野春日のときどき日記

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するCD茅島氏下巻、もうすぐ発売

日常

5/30に茅島氏のCD下巻がリリースされます。
すでに私の手元にはサンプルが届いております。
今回もまた大変素敵な音声ドラマに仕上げていただき、本当にありがたいです。
上巻同様下巻もジャケットのイラストは日高ショーコ先生による描き下ろしです。
下巻にはそれだけではなく、別パターン(構図違い)のラフ画も掲載してもらっております。実際には使われることのなかったイラスト案のラフ、貴重な一枚だと思います。

ブックレットのコメントにも書きましたが、二日あった収録日のうち私は一日は所用で立ち会えませんでした。ぶっちゃけ、別作品の原稿執筆が終わらなくて行くに行けなかったのですが。
そしたら、ブース内で声優様方の前に立ってご挨拶したとき、演出/プロデュースのA氏に、「僕は昔から先生をよぉく知ってるんだけど、先生は本当に現場好きな方なんです。その先生が前回来られなかったということは、本当に切羽詰まってたんだなと」(大意)とか言われてしまい。な、なんでわかるの、現場好きだって、と大変動揺してしまいました。
……好きですけど。はい。
生のお芝居を拝見するのが大好きなんです。だから、舞台鑑賞、やめられません。芝居は生が一番だなと、観るたびに思います。コンサートもバレエもフィギュアスケートも。
CDドラマ収録に関して言えば、効果音もBGMも何もない、セリフの掛け合いが目の前のブースの中で繰り広げられるだけなのですが、これがまた素晴らしいのです。もう何年も前に初めて収録現場にお邪魔して以来、病みつきです。
実はA氏はその最初の一枚のときからご縁のある方で、私の収録現場好きはA氏のおかげでもあるのです。

また一つ、貴重な現場体験をさせていただけて、本当に嬉しかったです。
制作に携わってくださいました関係各位にあらためまして厚くお礼申し上げます。
リリースされました暁には、リスナーの皆様にもお楽しみいただければ幸いです。
発売日以降あらためましてWORKブログのほうでもCMさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。